大切なのは〇〇!洗顔しない美容法のメリット&デメリットとは?

「洗顔すると肌が乾燥する!」

特に冬場は洗顔をした後、お肌がカピカピになってしまいがち。

かと言って寝起きそのままでメイクするのはもちろん嫌だし…ぬるま湯だけで済ませるのもちょっと不安。

“朝は洗顔料を使わなくていい、ぬるま湯だけで十分”と言う専門家もいますが、これは本当に正しいのでしょうか。
今回はそんな『洗顔』についてまとめていきたいと思います。

【朝洗顔】洗顔料を使わないと肌老化が加速する?!


まずは“洗顔しない美容法”のデメリットについて書いていきましょう。

そもそも洗顔とは文字通り『顔』の汚れを落とすために『洗う』こと◎

夜であればメイクや皮脂、ホコリといった1日の汚れが肌に付着しているため、当然クレンジングや洗顔料が必要だということが分かりますよね。

朝の肌はどうなってるの?

では朝のお肌はどのような状態にあるのでしょうか。

何となく朝は肌が汚れていないと思ってしまいがちですが、実は人間は就寝中にコップ1杯分程の汗をかくといわれているのです。
このことを考えると…洗顔しないのはもちろん、ぬるま湯だけで済ませるのも不潔な感じが(◎_◎;)

また、汗は皮脂と混ざり合いお肌を守る皮脂膜となりますが、皮脂の8割以上を占めるトリグリセライドとワックスエステルは、皮膚にあらゆるダメージを与える「変性皮脂」に変化してしまうのです。

そして変形皮脂がお肌に与えるデメリットはというと…↓↓

[alert title=”デメリット”]★バリア機能を低下させる
★ターンオーバーを低下させる
★水分保持能を低下させる
★キメを乱れさせる
★炎症が起こりやすくなる
★毛穴が開く[/alert]

洗顔しないことにこんなデメリットがあるとは…Σ( ̄ロ ̄lll)!
ちょっと驚きですよね。

そもそも皮脂は油分。
水やぬるま湯だけでは落としきることが出来ません。

就寝中も皮脂は変性皮脂へと変化し、起床時のお肌には少なからず変性皮脂が発生しています。

乾燥肌でない場合は洗顔も〇

皮脂を落としすぎないよう注意することも大切ですが、肌トラブルを避けるためには極度の乾燥肌でない限り、朝もきちんと洗顔料を使用した方が無難だと言えそうですね。

あらゆる美容法が発信されるこのご時世。
その美容法の真偽をしっかりと調べて見極めて行く必要がありそうです(ΦωΦ)

ぬるま湯洗顔のメリットとは?


前回は洗顔の重要性について書きましたが、洗顔料を使って洗顔しないメリットもないワケではありません。

洗顔しないメリットの恩恵を受けられるのは、ズバリ

[box class=”box25″]
[list class=”list-raw”]

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • アトピー肌

[/list]
[/box]

などの人です。

特に極度の敏感肌は水だけで洗顔をしても刺激を受けてしまい、肌がヒリヒリしてしまうもの。

ここで洗顔料を使ってしまっては肌への大ダメージが避けられません。

画期的な洗顔方法って?

そんな方は無理に洗顔料を使わずぬるま湯だけで済ませるのがベスト◎

また、洗顔料を使って洗顔しない場所と洗顔料を使う場所を分ける“部分洗顔美容法”もオススメです。

Tゾーンや鼻、顎など皮脂が出やすい場所だけによく泡立てた洗顔料を使用し、なるべく早めに洗い流す。

乾燥肌さんはこれだけでも十分汚れを落とすことができます。

洗顔は〇〇勝負!

ちなみにこれは全ての人に言えることですが、洗顔はスピード勝負です。

洗顔料を長い時間肌にのせていると、それだけで肌に負担がかかってしまうため、なるべく早く洗い流すことが大切◎

そして洗顔後はつっぱり感がなかったとしても、速やかに化粧水やクリームで保湿をすることが重要です。

色々な洗顔美容法がありますが、どの美容法を実践するにしてもスピーディーに終わらせることが大事。

熱すぎるお湯も乾燥を加速させるデメリットの一つですので、ぬるま湯を使うようにしましょう。

洗顔のしすぎは洗顔しないのと同じくらいヤバイ!

「ニキビが出来ているから…」

と1日に何度も洗顔をしてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

でもこれは実は逆効果。
洗顔しないことと同じくらいニキビに悪影響を与えてしまいます。

洗顔しないことのデメリットは、皮脂が毛穴に詰まって炎症が起こりやすくなること。

でも洗顔をしすぎると…肌が乾燥して毛穴が細くなり、ほんの少しの皮脂でも詰まりやすくなってしまうのです。

男性こそ注意が必要?

特にスキンケアに無頓着な男性は要注意。

1日のうちに何回も洗顔をして、その後保湿しないまま放置していては、どんどん毛穴が細くなり、ニキビの悪循環から抜け出せません。

また、男性はシェービングによっても乾燥しやすい状態を引き起こしています。

髭を剃ると皮膚も少なからず削ってしまうもの。
顎のニキビに悩んでいる方は、徹底した保湿を始めることをオススメします。

男性こそスキンケアを!

『スキンケア=女性がするもの』というイメージも少しずつ変わりつつあり、お肌のお手入れをする男性も増えてきていますが、これは本当に大事なこと。

女性と同じように男性の肌も衰えますし、ニキビが出来ればシワも出来ます。

男性女性に関わらずこれらの肌トラブルの元凶は『乾燥』ですので、頻繁に顔を洗う習慣がある方は日に何度も洗顔しないようご注意くださいね。

▼男性ニキビ関連記事

[kanrenc id=”203″]

洗顔しない!パリジェンヌの美容法は日本人にも通用する?


ここで少し視点を変えて海外(ヨーロッパ)の洗顔事情に目を向けてみたいと思います。

国が違えば、言語も食文化も違うもの。
これはスキンケアにおいても同じことが言えるようです。

というのも、ヨーロッパ(特にフランス)の女性は、洗顔しないのが主流なのだそう。

なぜ洗顔料を使わないの?

そもそもヨーロッパは日本と違って硬水なので、洗顔料を使って顔を洗うと肌に大きな負担がかかってしまうんですね。

そのため拭き取り化粧水で済ませ、洗顔しない美容法が定着しているのです。

ただしこれはヨーロッパの女性がナチュラルメイクだからこそ通用するとも言えます。

海外、特にヨーロッパの女性に比べて、日本人はメイクがしっかりめ。

フランス人はファンデーションを塗る習慣がない?

フランス人はファンデーションを塗る習慣があまりないとも言われていますが、これは日本人にとって信じられない話ですよね。

確かにファンデーションを塗らないのであれば、拭き取り化粧水やクリームで落とすことも可能かもしれませんが、きっちりファンデーションを塗っている場合はクレンジングを使ってメイクを落とさなければ肌老化に繋がってしまいます。

パリジェンヌの洗顔しない美容法を真似てみたい!と思われる方は、メイクの仕方そのものを変えなければデメリットの方が大きいかもしれません。

また国にもよりますが、海外と日本では湿度も大きく異なります。

日本は湿度が高いため皮脂や汗が出やすく、きちんと落とさなければこれも肌トラブルの原因になってしまいます。
ナチュラルメイクかつ乾燥肌さんは試す価値アリの洗顔法かもしれませんが、しっかりメイクの方や普通肌~脂性肌の方は洗顔料を使った方が賢明だと言えそうです。

最後に:洗顔において一番大切なこととは…

近年見直されつつある『洗顔』。
ここでは洗顔料を使うメリットやデメリット、海外の洗顔事情についてまとめましたが、一番大切なのは「その人のお肌に合った洗顔法を実践すること」です。
ただし、肌に極力負担を与えないよう洗顔することは、全ての人が共通して注意すべきこと。

将来のお肌を健やかに保つためにも、正しい洗顔法を身につけていきたいですね♪