キュレルのモイスチャーバームを30代主婦がお試しレビュー

花王のキュレルから昨年秋に新登場したモイスチャーバーム♪

『史上最高保湿』を謳うモイスチャーバームは、顔にもカラダにも使えるマルチなアイテムとして発売前から注目を集めていました。

季節を問わず乾燥が気になるこのご時世ともなれば、当然試しておきたいと思うもの!

有難いことにキュレルの公式HPでサンプル募集を行っていたので、当たりますようにと祈りながら応募してみましたよ~(ノ∀`)

アラサー主婦がキュレルのモイスチャーバームをお試し☆

すると…見事、、当選~!!

小さいながらも、きちんとジャーに入った4gのサンプルが届きました~ヾ(*´∀`*)ノ

キュレルさんってサンプルの募集人数がめちゃくちゃ多いから助かる~?
毎回万単位で募集してくれるので、大抵お試しすることができちゃうのよね。

ということで、今回はキュレルさんからお届けされた史上最高保湿のモイスチャーバームをアラサー(30代)主婦がお試しレビュー!

キュレルは敏感肌向けブランドなので、おそらく敏感肌のワタシでも問題なく使えると思いますが、、その真偽についても触れていきますので、同じく敏感肌の方は是非チェックしてみてくださいねヾ(*´∀`*)ノ

それでは早速キュレル モイスチャーバーム体験をスタートしていきましょう~♪

【Myプロフィール】
・30代前半
・普通+脂性の混合肌(30代に入ってから混合肌にナッタヨ)
・合わないものを使うとニキビが出来やすい敏感肌
・特別乾燥が気になる肌質ではない。
・普段はキールズのUFCクリームを使用。

【@コスメ】モイスチャーバームの口コミを確認してみた◎

キュレルのアイテムは総じて口コミ評価が高い!
これは発売当初から変わらず、今尚それぞれのアイテムが高い評価を得続けています。

これは本当にスゴイ。
当たりはずれがないってなかなか真似できないことですよね。

そして今回お試しするキュレル モイスチャーバームはというと…こちらも期待を裏切らない★5.2を獲得しており、満足度の高い一品となっているご様子◎

実際に投稿されているレビューを一部抜粋すると…

①顔用として使用していますが、私にはとても合っていました。
ひどい乾燥肌なのですが、今年は無事に冬と花粉の時期を乗り越えられました。
つけた直後はベタつきがありますが、翌朝はもちもちのお肌になります。

②サンプルを使って良かったので、現品購入しました。
主に顔に使用していますが、低刺激でしっかり保湿してくれるので、安心して使っています。

③こってりとした質感で、とても保湿力のあるクリームだと思います。
伸びも意外といいので使いやすいです!
乾燥する冬におすすめです。

④固めのクリームで伸びが悪く、ちょっと塗りづらいです。
しかしその一方で、朝までベタつかずに保湿でき、使い続けると肌がふっくらとしてきます。
軽度のあかぎれも綺麗に治り、冬の定番になりました。

⑤普段サンプルを使っても現品を購入することは無かったのですが、こちらはとても気に入ったので現品を購入しました。
私は乾燥肌で、保湿をしっかりしてからメイクをしても、数時間後には肌が乾燥してきてしまうのが悩みだったのですが、このバームを使い始めてからは乾燥が気にならなくなりました。

と、このような感じ◎

「史上最高保湿の謳い文句に偽りナシ」と思わせる口コミがたくさん投稿されていました。

が、しかし、、中には悪い口コミもあるようで…。

①顔にも体にも使えるとのことで、顔に塗ってみましたが、クリームが硬めなので顔には少し向かないかな、と思いました。
匂いも独特で、好きになれませんでした。

②保湿はしっかりしてくれますが、テクスチャーが硬めで手に取りにくいです。
その分伸びも悪いので塗りにくいと感じてしまいました。

③乾燥がひどいボディー用に購入しましたが…硬めのテクスチャーで伸びが悪いです。
全身に塗ろうとすると時間がかかります…。
保湿力が結構あるのかな?とも思っていたのに塗った部分が綺麗に保湿されているわけでもないので、敢えてこのクリームじゃなくてもいいかなと思いました。

ネガティブなレビューに多かったのは「テクスチャーが硬い」がゆえに「伸びが悪い」という意見。

確かに“バーム”ですからね(ΦωΦ)
伸びが悪いことも十分考えられます。

ワタシは今回、キュレル モイスチャーバームを顔用として使用するつもりなので、伸びが悪いとちょっと辛いかな~。

いずれにせよレビューを参考に、保湿力にはたっぷり期待して、伸びにはあまり期待せずに使用したいと思います(笑)

【使用方法】キュレル モイスチャーバームの使い方をおさらい☆

キュレル モイスチャーバームの使い方はいたってシンプル◎

キュレルの公式ホームページで使い方を確認したところ、『適量を手にとり、顔やからだの気になる部分によくのばしてください』とだけ書かれていました。

『効果的な使い方』なんていう説明もナシ。
『使用目安量』の記載もナシ。

ただモイスチャーバームをお肌にのばしてあげればOKなのだそうです(笑)

ちなみに使用量が記載されていないのは「部位によって使用量を調整してね」との理由かららしく、だいたいの目安量も書かれていません。

確かに人によって適量って違うものですよね。

自分にとって一番効果を発揮してくれる“ベストな量”を使っていけば良いということなのでしょう。

ただし、使い方の注意点として『使用後は必ずしっかりフタをし、高温の場所、直射日光のあたる場所には置かないでください』との記載がありました。

そのほか、傷や腫れもの、湿疹等異常のある所には使わない、肌に合わない時(使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時)は使用をストップし、皮膚科医に相談するようにとの注意書きもアリ。

このあたりはキュレル モイスチャーバームに限らず全ての化粧品に言えることなのでそこまで気にしなくていいかなとも思いますが、保管場所や肌に合っているかどうかは、きちんと確認しておく必要がありそうです◎

※保管状況が悪いと、中身が変質してお肌に悪影響を及ぼすこともあるのだそう!
せっかくのお手入れが逆効果にならないためにも、日の当たらない場所に保管しておかないとですね。

【画像アリ】モイスチャーバームのテクスチャーをチェック!

「テクスチャーが硬い。」
「伸びが悪い。」

このような口コミがチラホラ見られたキュレル モイスチャーバーム。

その真偽を見極めるべく、早速テクスチャーを確認していきたいと思います(`・ω・´)

まずはジャーを開けた状態をチェック?。

う~ん、確かにジャーを開けた時の第一印象は…「こってりめ」かな。
でも、想像していたよりもふんわりとしていて、そこまで硬いようには見えません。

そして手の甲に乗せるべく指ですくってみると…

確かに硬い(笑)
しっっっかりしてる。

でもテクスチャーだけ見ても、そこまで硬いようには見えませんよね?
伸ばしたら少し分かるかな?

伸ばすとかなりベトっとして、ニベアクリーム顔負けのこってり感があります。

なるほど。。

これを顔全体になじませると思うと、ちょっと苦労するかもしれません。

ワタシは以前ニベアクリームを愛用していたのですが、伸びの悪さに嫌気がさしてやめてしまったのでね(´∀`;)

キュレル モイスチャーバームもそうならないと良いのだけれど…。

そうそう、香りはというと、ワタシはちっとも気になりませんでした。

ジャーに入ったままの状態で匂いを嗅いでも、手の甲につけて嗅いでも、「何か匂いがある?」と思ってしまうくらい微香(無香?)で、不快感などは全くナシ。

強いて言えば“キュレルの香り”といったところでしょうか。

あくまでも個人的な意見ですが、キュレルの基礎化粧品の香りに抵抗がない方であれば問題なく使えるのではないかと思います。

ということで、ついに次回は顔全体に塗り塗りした感想をおまとめ☆

果たして、モイスチャーバームの伸びは良いのか悪いのか。
刺激はあるのか、それともないのか。

これらのポイントをメインにしっかりレポしていきますよ~ヾ(*´∀`*)ノ

【口コミ通り?】モイスチャーバームの使用感をレビュー!

さて、それでは早速キュレル モイスチャーバームの使用レビューをまとめていきたいと思います◎

まず、ワタシが一番気になっていた「伸びが悪い」という点についてですが、確かにキュレル モイスチャーバーム、伸びは悪かったです(笑)

指ですくってポンポンと顔に5点置きしてなじませていくと…う~ん、なかなか思うように伸びてくれないΣ( ̄ロ ̄lll)

スルスル~っと伸びる感触とは無縁のこってりとしたテクスチャーでした。

で、やっぱりベタベタっともする。

これだけこってりしているんだからベタつかない方がおかしいのですが、塗った直後はかなりベッタリするので、この手の感触が苦手な方には向かないかなと思います。

ちなみに量をつけすぎたわけではありません。

大豆一粒分くらいかな?
もうちょっと使ったかな?

いずれにせよ、たっぷり使ったわけではないので、おそらくテクスチャーが強力なのだと思います。

でも、意外とこのベタつきにも慣れてしまうから不思議(笑)

キュレル モイスチャー バームでお手入れをした後すぐにメイクをするのは難しいと思いますし、何なら朝のスキンケアで使うのはどうかな?という印象ではありますが、夜に使用する分には、このこってり感が頼もしく感じて、個人的には嫌いではありませんでした(ΦωΦ)?

そして刺激はというと、こちらも全く問題ナシ◎

モイスチャーバームは「刺激って何?」って思っちゃうくらい無刺激で、敏感肌の私でも何の違和感もなく使用できました。

敏感肌向けブランドの実力をしかと見せつけられた感じ。
敏感肌さんに向いているかどうかという点に関しては、自信を持って「向いている」と言えそうです。

【超しっとり?】モイスチャーバームの保湿効果をレビュー!

お次はキュレル モイスチャーバームの保湿効果について。

保湿効果に関してはポジティブな口コミが多かったモイスチャーバームですが、確かにワタシも“高保湿”だと思いました。

「ベッタリして保湿力ナシ」では目も当てられませんが、キュレルのモイスチャーバームはしっかりと保湿・保護されている感じがあって、敏感肌から支持されている事にも納得◎

乾燥肌の人や肌荒れを起こしやすい人にピッタリのアイテムではないかと思います。

実際にお肌の水分量も高くなっていましたし(次回肌チェッカーの数値をUPします)、実感としても乾燥していないと感じられた。

こちらは現品が2千円ほどで売られているようですが、このお値段でこの効果ならリピするのもアリかなと思いました。

そう、そもそもモイスチャーバームって肌荒れを抑える成分がちゃんと配合されているんですよね♪

肌荒れしやすい敏感肌の人はもちろん、紫外線ダメージを受けやすいこれからの時期にももってこいのアイテムだと思います。

使用感は少し残念なところがありましたが、乾燥対策には申し分ナシ!
キュレルのバームは史上最高保湿にも納得のしっとり感でした☆

【画像アリ】使用前・使用後の水分量の変化をチェック☆

ここではキュレル モイスチャーバームを使用する前と後の水分量の変化を公開していきたいと思います。

そう!
実は今回、モイスチャーバームの保湿効果を見極めるために、洗顔前の数値とキュレルのバームで保湿し終えてからの数値を肌チェッカーで測定しておいたんですよ~(ノ∀`)

肌チェッカーの数値がグーンと改善されていれば、これは間違いなくモイスチャーバームのおかげ!

ということで、早速使用前・使用後の数値をチェックしてみましょう♪

【肌チェッカーの数値大公開☆】
※使用前の数値はメイクを落とす前(お昼過ぎくらい)に計測。
そしてクレンジング→化粧水+キュレルのバームで保湿→2時間後に使用後の数値を計測しました。

結果は…

<使用前:頬>

<使用後:頬>

<使用前:おでこ>

<使用後:おでこ>

(左が水分量、右が油分量の数値)

なんとΣ( ̄ロ ̄lll)!!

頬も額も爆発的に水分量が上がってるーーー!!!

これまで色々なスキンケア製品を使っては肌チェッカーで測ってきましたが、ここまで水分量がUPしたのはこの子が始めてです。

恐るべしモイスチャーバーム…。

こってりベッタリしていたので、もしかしたら油分量だけガッツリ上がっているのでは、、と少し不安がありましたが、しっかり潤いをキープしてくれていました(☆∀☆)

ちなみに、5時間後の数値も頬の水分量47%、額の水分量45%と低下することはなく、潤いの“持続力”にも優れているご様子。

商品ページに記載されていた『時間がたっても保湿感が続く』のフレーズにも納得の結果でした◎

~キュレル モイスチャーバームの成分について~

正しい成分解析ができるほどの専門的な知識は持っていませんが、化粧品の成分について色々と調べていると何かと知恵がついてくるものでして(ΦωΦ)

正直なところキュレル製品については様々な意見が飛び交っていますね。

例えば…「キュレルのセラミドはヒト型セラミドじゃないから効果が期待できない!」とか。

確かにモイスチャーバームを含め、キュレル製品に使用されているセラミドはヒトの角質層にあるセラミドとは構造がかなり違う“合成セラミド”なので、ヒト型セラミドに比べると効果が劣るかもしれません。

とは言え、ヒト型セラミドが入っていたとしても、配合量がごくごく僅かであれば、優れた効果なんて期待できるハズもなく…。

結局大事なのは、自分の肌に合うか合わないか。
そしてケチらず無理なく続けられる価格か。

この二つにかかってくると思います。

また、モイスチャーバームには、ネガティブな印象を持たれがちなパラベンが配合されているようですが、パラベンも「合わない人は避けるべき成分」なだけであり、よく成分解析などで言われている「危険な成分」というほどのリスクはありません。

だって、これだけ多くの製品に使用されているのよ?
そんな危険な成分が認可されているワケないじゃない(ΦωΦ;)

実際にパラベンで肌トラブルを起こす人は非常に少ないことが分かっていて、一部では無添加コスメを売り出すためにパラベンが悪者にされている!といった声もあるほどです。

色々な人が「〇〇の成分を解析!」と好き勝手に書いていますが、一番注目すべきは、実際に使って自分の肌に合うかどうか。

一応モイスチャーバームの全成分も載せておきますが、ネット等の情報に惑わされずに自分の感覚を信じて良し悪しを見極めていきたいですね♪

【キュレル モイスチャーバーム/全成分】

【敏感肌にオススメ】やっぱりキュレルは低刺激だった!

実はワタクシ。
過去にキュレルの製品を愛用していた時期があります。

20代半ばの頃だったかな?

当時もキュレルは非常に人気が高かったので、これは試さないワケにはいかないと、いくつかの製品を使用してみました。

使用経験があるアイテムは、ローションと化粧水、そしてクリームと浸潤保湿クリームの4種類。

恐らく一番長く使ったのは、浸潤保湿クリームだったと思います。

結局、コレといった決め手が見つからなかった(どれも乾燥することはないものの…)ので、使うのを止めてしまったのですが、乾燥性敏感肌をケアするブランドというだけあって、刺激の少なさはピカイチ。

どのキュレル製品を使っても、刺激はおろか肌トラブルを起こすことも全くありませんでした。

で、今回お試ししたモイスチャーバームはというと…こちらも以前お伝えしたように、刺激を感じたり肌トラブルが起こったりといったことは一切ナシ◎

さすがは敏感肌に特化したスキンケアブランド。

モイスチャーバームもお肌にやさしいことがしっかりと分かる安心の使用感でした。

これだけ保湿力が高くて、肌荒れを予防・改善してくれる成分が入っていて、お肌にやさしいとなれば、敏感肌さんに抜群の効果を発揮してくれるんじゃないかな?

伸びが悪いところだけはやや残念でしたが、乾燥する冬場のお手入れに特にピッタリな一品!

ここまで保湿効果が高いと、ガッシガシに乾燥する肘や踵のケアにも良いですね♪

モイスチャーバームはお値段も比較的リーズナブルなので、ケチらずたっぷり使えるところもGoodです。

【男性も】髭剃り後のカサカサ肌もモイスチャーバームにお任せ☆

キュレルの公式HPを見ていて「なるほど~」と思ったことがあります。

それは…“男性が髭を剃った後に使用するのもオススメ”と書かれていたこと。

そう、モイスチャーバームって、効能の一つに“かみそりまけを防ぐ”というものがあるんですね。

お肌が乾燥するのは、男性も同じ。
何も女性のお肌だけが乾燥するわけではなく、むしろ毎日シェービングをする男性は、女性よりも乾燥しやすい状況にあるとも言えるワケで…。

確かに、高保湿×低刺激なモイスチャーバームは、そんなシェービング後のお手入れにもピッタリだなと思いました。

そもそも、肌荒れは乾燥が原因で引き起こされるもの。
乾燥したまま放っておけば、肌荒れしやすくなるのは当然のことです。

さらに恐いことに、毛穴が開くことも乾燥が原因、肌のテカりも乾燥が原因で起こると言われているんですよ~(ΦωΦ)

スキンケアに馴染みがない男性もまだまだ少なくないかと思いますが、乾燥や肌荒れにお悩みの方は、シェービング後のモイスチャーバームケアを始めてみてはいかがでしょうか♪